起業家支援プログラム:選ばれる理由起業家支援プログラム:セミナー情報起業家支援プログラム:参加者の声起業家支援プログラム:入会案内

12 ESSENTIALS 経営の12分野

経営の12分野:経理・財務

Accounting

阪東 浩二

株式会社ビジネスバンクグループ
専務取締役


日程: 2013年12月3日(火)
時間: 19:00〜21:00

(受付開始 18:40〜)

会場: 長野生涯学習センター 3F

JR長野駅善光通口 徒歩10分

定員: 70名

経理・財務  〜The Cockpit〜

 

 

 

 会社がダメになる多くのパターンが、

 経理・財務を ”てきとうに” に行っていることが原因です。

 

「数字は苦手」「忙しい」を言い訳にしていませんか?

 

 第8回まで、

 経営の12分野は、商品力、営業力というテーマでお届けしました。

 

 今回から経営の12分野、「管理力編」に入ります。

 

 

 Cockpit

 

 

 

 車には「車検」があるので
 危ない状態で走っている車は、少ない。

 しかし、会社には「社検」はありません。
 だから危ない状態で走っている会社は少なくありません。

 だからこそ経営者は自ら厳しく自社を点検するべきです。

 

 

どんぶり勘定

 

 

 

 会社の数字を感覚で考えてはいませんか?

 

 どんぶり勘定の経営をしている社長は少なくありません。

 

 

 経理・財務は会社のいわば、バイタルチェックのようなものです。

 

 vital check 

 

 

 財務諸表とは会社の体温計のようなものです。
 読めないと、平熱なのか? 熱があるのか?分かりません。

 会社の健康状態が把握できなくなったら、
 危険な状態であることすら分からなくなってしまいます。

 会計が苦手な経営者は多くいますが、
 そんな状態で経営を継続しようと考えるのは、無理があります。

 

 

 出てきた数字(お金の動き)をしっかりと理解し、

 会社の状態を把握し、経営をコントロールする。

 

 その上で、ビジョン、計画そして次の一手を決める事が「社長の仕事」です。

 

 お金の動きを通して会社の状態を把握し経営をコントロールしましょう。

 

 

 当日は次のような内容でお送りします。

 【 コンテンツ 】

 1. 経理・財務の定義
 2. 社長がするべきこと
 3. 有視界飛行と計器飛行
 4. 財務三表
 5. 小さな会社の12の計器
 6. 最も大切な計器
 7. 資金調達8つのルート

 

Accounting

阪東 浩二

株式会社ビジネスバンクグループ
専務取締役


大阪商人の家系として大阪に生まれ育つ。ニューヨーク州立大学を卒業後、大手食品会社を経て1997年ビジネスバンクを代表の浜口隆則と共に立ち上げ、専務取締役として、オープンオフィス事業及びスタートップ会計事業に従事。独自の経営スタイルを持ち経営コンサルタントとしても人気。「儲かる仕組み作り」や経営課題の解決を得意とするトラブルシューターでもある。スタートップ会計株式会社 代表取締役、有限会社ビー・ビー・キャピタル 取締役、スターブランド株式会社 監査役、その他複数社への投資家。

Copyright © プレジデントアカデミー by Business Bank Group.  All rights reserved.